FC2ブログ

昭和レトロスタジアム 消えた野球場物語


ポイント
昔の球場のドラマ、寿命、裏方さんの仕事などを写真で15球場を紹介

感想
大阪球場の話がおもしろく、昔は雨が降って乾かすためにグラウンドに火をつけて乾かした
野球賭博が球場の中でおこなわれて、警察に捕まる事件や家の展示場になったりしたエピソードには驚いた
球団がその球場に移ってきた経緯や老朽化で取り壊しになったり、球団の経営で球場を移る様子が分かった
今のドーム球場もいいけどやっぱり露天でやる方がいいと思えた
昭和のにおいが売店紹介で見えてくる写真がいい
おまけの野球版の歴史が紹介されているのは子供時代を思い出す
スポンサーサイト



大相撲おもしろ百科


ポイント
相撲の観戦のコツ、力士の雑学、歴史、横綱物語に決まり手を掲載
感想
江戸時代から平成の若貴の時代まで、相撲の歴史が流れで書いているので相撲ファンには読んで面白いと思った
最近話題になった双葉山の連勝記録についての話で、前年に満州巡業でアミーバ赤痢にかかり体重を落としていた
平幕の安芸ノ海に負けて座布団以外に火鉢が飛んできた話は時代と臨場感が伝わってきた
その時見ていた人たちの気持ちもわかる
若貴ブームの時代までのことなので、これだけ相撲の人気が落ちた今、作者は悲しんでいると思った
昔の相撲が楽しかったのが伝わってくる本

ボールのひみつ


ポイント
14種類のボールとその競技の歴史を解説
写真でボールが変わっていく様子を表している
バレーボールの製造工程も載っている
感想
ボールの特徴を空気圧や大きさ、表面の肌触り、色を分かりやすく書いていた
競技の歴史を年表で表示されているのが良かった
一つ一つの競技の歴史は広く浅く書いているので気軽に見える本だと思った
おまけでお手玉やけん玉の種類の紹介が写真で出ているのが一番ビジュアル的にはおもしろかった
けん玉は国によって種類が違っていてメキシコでは樽のけん玉、フランスでは象牙の緑のけん玉
変わり種は穴が13個のけん玉におでんの頭が三角のけん玉など笑えるものがあった

オールブラックスが強い理由、ラグビー世界最強組織の常勝スピリッツ


ポイント
オールブラックスことニュージーランドラグビー代表がなぜ最強かについて追い求めた作品
オールブラックスの歴史と精神を解説
感想
2019年に日本でラグビーのW杯があるから少しでもラグビーのことが分かればいいと思い読んだ
ラグビーのルールはややこしいと思いけいえんしていた
私もオールブラックスの精神や歴史を読んでいくうちにラグビーに興味がわいてくる作品だと思った
ニュージーランドのラグビーは子供のころから日本とはかなり違う
体格別に分けて、上手い人は上のカテゴリーにすぐ進める環境だ
国民全員で後押ししている
そのためオールブラックスになることはニュージ-ランド人にとっては名誉なのだ
だが、なったとしてもそれ以上のグットオールブラックス、グレートオールブラックスになれとつねに向上心がなければすぐに代表からおろされる
厳しい中で強くなっていく、常に全力でという精神は共感できた
ただW杯は1回しか優勝しかしていないのは国民のプレシャーがキツイからと解説もしている

歴史を読む(シューズのひみつ)


ポイント
バスケットシューズ、スキー靴、マラソンシューズ、スケート靴、サッカーシューズ、野球スパイクなど合計18種類の歴史やシューズの特性など紹介
感想
アシックスの前の社名が鬼塚株式会社とは知らなかった
この会社はオニツタイガーという日本第一号のバスケットシューズなどを昭和のころから作っていた
バスケットシューズで思い出すのはエアジョーダンだ
この本の中でも歴史を紹介している
本当にあのブームで盗難事件があって、あれはなんだったんだろうと今思えば不思議でならない
話が変わるがマラソンでは始め裸足だったが、明治34年にペストが流行、はだしを禁止する決まりができた
それで足袋で走り始めたのはおもしろい
速さを追究するのではなく、病気を防ぐためで、昭和30年にマラソン足袋が出た
現代だと少しかっこよく見える
他のシューズの歴史も写真で分かりやすかった
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
歴史関連商品
ランキング
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
広告