FC2ブログ

歴史を読む(エンリコ・フェルミ 原子のエネルギーを解き放つ)


ポイント
ノーベル物理学賞を受賞した、イタリア人でのちにアメリカに亡命した
エンリコ・フェルミは核分裂の連鎖反応の制御に史上初めて成功し、人類史上初の原子炉を完成させた人物の歴史を紹介
感想
フェルミは第二次世界大戦の影響で、奥さんがユダヤ人のため、アメリカに亡命することにより核の研究をしているうちに、核の脅威を感じつつ、戦争に勝つために核爆弾をつくるための研究をさせられたり、原子炉を作ったりしてたいへんそうだ
科学者はいい方向に自分の研究を役に立ててほしいと思っているのに、結局は、自分の思っている方向とは違うものに使われていく悲しい話だと思った
この本を読んで核についての歴史を知ることで核の怖さとすごさが伝わってくる
今の原発問題を考えるうえでも歴史は役に立つと思えた
スポンサーサイト



私が読んだ本(ライナス・ポーリング 科学への情熱と平和への信念)


ポイント
ノーベル化学賞と平和賞を受賞する
単なる科学者で終わらない男の歴史と少しの科学的分野の話が書かれている
本の特徴は科学者とサイエンスライターが誰にでも分かりやすく、科学に興味を持ってほしいと感じる作品
感想
ボーリングの人生はおもしろい
これこそ偉人と思えるエピソードが満載だ
子供のころには廃墟の製鉄所から薬品を取ってきて研究所を作る
大学に入るときは高校の単位でもめて中退して入る
若くして化学結合の性質を解き学会で評価されてその分野で行くのかと思いきやナチスの脅威がある時代でアメリカのため潜水艦の酸素計を作る
戦争が終わると反戦運動を15年間する
その他にもおもしろいエピソードや妻との悲しい話があり飽きさせない男だと思った
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
歴史関連商品
ランキング
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
広告