FC2ブログ

アメリカ本土を爆撃した男―大統領から星条旗を贈られた藤田信雄中尉の数奇なる運命



感想
 アメリカに攻撃したイメージは真珠湾が強い印象だったのでこの本の題名にひかれて読んでしまった。本土、それもオレゴン州ブルックリンの太平洋、カナダよりの場所に焼夷弾を落とした人物が居たとは思わなかった。また作戦の内容がすごい。潜水艦でアメリカの海岸に近づき、そこから水上機を使い爆撃に挑むなど当時世界初でもあった。こんな偉業を私はこの本を読むまで知らなかった。その辺も日本が戦争に負けたので政府が隠していた話も書かれている。作戦の話もおもしろかったが、実行した人物もドラマがあった。戦後も苦労している。金物屋を経営し金属会社にまで発展させたが、30年後息子の代替わりで会社は倒産。高齢になって仕事をしなくてはいけなくなるが、またそこで頑張り、電線会社で取締までになる。戦争を生き抜いた人の力を感じとれた。これだけでもおもしろいが、他のエピソードのほうがいい。ブルクッリンとの親善の話だ。戦後20年目に爆弾を落とされた側から日米親善でブルックリンに藤田さんが招待されるのだ。藤田さんは最初何かの陰謀ではないかと疑い、行けば殺されると思っていた。だが実際行ってみると大歓迎され、本人は拍子抜けする。日本刀を持って自決する覚悟できていたのでその気持ちがなくなるシーンはいい。それも藤田さんは歓迎に報いる形で日本刀をブルックリンに寄付するあたりはかっこいい。彼らの親交は長年続いていくのだが、藤田さんのブルックリンの人を日本に呼んで恩返ししたい気持ちなど、金がないのにけなげな所が好きだ。
 ブルックリンの人の寛大さはすごく評価したい。普通爆弾を落とされて、相手を許せるなどできるだろうか?私なら落とした相手を大手を振って呼べない。許せないかもしれない。ただ、焼夷弾は森林に落とされ死傷者が出ず大事にならなかったのは運命かもしれない。死傷者が多く出ていたら呼べるだろうか?この本を読んでこの辺が心に残る一冊だった。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
歴史関連商品
ランキング
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
広告