FC2ブログ

歴史を読む(島左近のすべて)


ポイント
石田三成の軍師として活躍した、島左近の歴史を「多聞院日記」と「名将言行録」を中心にした史料で紹介
左近の遺品、戦った場所、仕官の経歴、家族構成、関ヶ原の戦いっぷりや布陣についてよく書かれている
感想
左近は謎が多い人物で苗字からも「嶋」や「島」、下の名前は清興、勝猛、友之、冒仲、など多彩である
死も関ヶ原で鉄砲で亡くなったとかその後、生きていたなど墓も2つ年代が違う物まである謎の男なのだ
左近は始め筒井順慶に従えていたが、その後蒲生氏郷軍に属してから三成に仕官していく
左近は大和国の大名に従える人物で他の地域に大名が領地替えになると辞めて、また大和国の大名に仕官する
どうも地元が好きだという可能性が高いと記載されているところが好きだ
左近は軍師だけど積極的に戦う姿勢は好きでかっこいい、だけど前線で戦うのは軍師としてはどうかと思った

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
歴史関連商品
ランキング
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
広告