FC2ブログ

歴史を読む(戦国武将の大誤解)


ポイント
戦国武将12人の歴史を史料と逸話を使いイメージが変わる作品
豊臣秀吉・徳川家康・織田信長・伊達政宗・真田幸村・上杉謙信
武田信玄・毛利元就・斉藤道三・松永久秀・前田慶次・黒田如水を紹介
感想
秀吉は中国出身の薪を売っていた
徳川家康はスケベな旅坊主の出身で人質時代に15万円で売られた
上杉謙信は子供のころシュミレーションゲームが好きで独自の戦術眼を磨く
毛利元就の三本の矢はなく徳川家の創作で争いのいましめとして使われた
松永久秀はクリスマス休暇を使い三好と休戦し、日本人初の爆死
などおもしろい説がたくさんあって読みやすかった
資料をたくさん参考にして、注釈が変わっている点が魅力
ただ著者本人の意見があまり伝わってこない所を感じた
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
歴史関連商品
ランキング
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
広告