FC2ブログ

なぜ江戸の庶民は時間に正確だったのか?


ポイント
時代考証家によるドラマ、映画、バラエティなどの時代劇のウソを解く
時代劇ではなぜそういう演技になるのか解説
感想
時代劇の演出で当たり前と思っていたことがくつがえりました
江戸時代、時間を知るのに鐘を始め3回ついてそれから時刻の数だけ鐘を鳴らしていた
テレビによっては回数を気にしないで鐘の音だけで何時か分かる演出をしていたと解説してくれて分かりやすい
私が印象に残った話は、ねずみ小僧が千両箱は盗んでいなかった
一回の盗みの最高は430両で合計3081両盗んでいた
少しずつ盗んでいたようだ
実際当時の小判の重さを考えると千両箱で17キロぐらいで鍛えていれば担いで飛び跳ねたりできたんではないかと話があって面白い
刀のさやで刀を受けるのは無理など他にも当たり前の時代劇の演出の裏、特に江戸時代のなぜにせまって楽しかった
この本を読んでから時代劇を見ると演出が気になるようになりました
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
歴史関連商品
ランキング
QRコード
QR
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム
広告